お知らせ

2020/03/11

路線バスを活用した貨客混載による配送サービス開始のお知らせ

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」において、両備ホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役会長兼代表経営責任者:小嶋 光信)と連携し、同社の子会社である東備バス株式会社(本社:岡山県瀬戸内市、代表取締役:佐藤 輝彦、以下「東備バス」)のバス路線網を活用した、貨客混載による配送(以下「本サービス」)を、本日2020年3月11日(水)より、岡山県岡山市および瀬戸内市で本格提供開始しました。

本サービスでは、「Rakuten EXPRESS」で運ぶ荷物を、東備バスが運営する路線バス内に設置された通い箱に入れて、西大寺バスセンター(岡山県岡山市東区)から、瀬戸内牛窓営業所(岡山県瀬戸内市)まで、輸送します。さらに瀬戸内牛窓営業所から各配送先までは、東備バスのバスおよびタクシードライバーが、「Rakuten EXPRESS」の専用配送車で配送します。

岡山市は、北を中国山地、南を四国山地に挟まれた、起伏に富んだ地形が特徴です。総じて敷地が狭小な住宅市街地は面的整備により整然と形成されている区域から、そうでない区域まで様々です。また、瀬戸内市は南部および東部が瀬戸内海に面し、島嶼が点在しています。人口は減少傾向にあり、牛窓地域は全体的に傾斜地が存在しています。

楽天は、このような地域でも、既存の路線バス網を輸送網に変わる運送手段として活用することで、効率的な配送を実現します。

楽天は、「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げ、EC物流の健全化に取り組んでおり、本取組みもその一環となります。

【東備バスについて】 

東備バスは、両備ホールディングスを含む両備グループ(企業数46社、代表取締役会長兼代表経営責任者:小嶋 光信)に所属する1社で、岡山県瀬戸内市牛窓を拠点として瀬戸内市と岡山市東区の一部で、路線バス、およびタクシー事業を展開する企業です。